スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング参加中
ぽちっと一押しお願いします!
↓↓↓

【下北半島への旅④】・・・1999年10月

1999年10月に下北半島を旅しました。そのときの回想です。

長いので、数回に分けて掲載します。
今日はその④
翌日、午前6時に起床。いつもならまだぐっすりと眠っている時間である。
外を見ると今にも雨が降り出しそうな、あいにくの天気。予報では同じ
東北でも青森は雨となるが、岩手より南は晴れである。

これから向かうのは秋田から盛岡方面。なんとか雨をさけれるかもしれない。

朝食を済ませ、7:40にチェックアウト。列車は8:39なので、1時間ほど
散策できる。天気が良くないせいか、結構肌寒い。本当にフリースを持って
きて正解である。

とりあえず、「青い海公園」へ向かう。青森の海は透明度が高いと思う。
しかも、緑色。

散策している間に列車の時間が迫ってきた。青森駅に到着すると普通
列車がすでに来ていた。列車のなかはベンチシートで、しかもかなり
混雑していた。旅情が全然無い。

弘前までこの列車に1時間は乗らないといけない。しょうがないので、
本を読むことにした。

弘前でいったん降り、秋田行きに乗り継ぐ。青森はさすがにりんごの
産地だけあって、りんご畑が目に付く。この時期すでに赤くなり始めて
いるものもあるが、品種の違いか、全く青いものもある。

11:17、ようやく大館駅に到着。ここから花輪線に乗る。列車は「快速
八幡平」で、盛岡まで2時間半以上の長旅。この線は山の中を走っており
紅葉を期待したが、時期が少し早かったようで見頃はまだ先のよう。

この線の見所は盛岡から安比高原あたりではないだろうか。

今回の旅行は大湊線に乗ることを目的に出発したが、青森駅周辺が
楽しく思えた。これからも青森へはどんどん旅行したいと思うようになった。

次は雪が降っている時期に来て見たいものである。北国の雰囲気を
存分に味わえることだろう。

FC2ブログランキング参加中
ぽちっと一押しお願いします!
↓↓↓

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。