スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング参加中
ぽちっと一押しお願いします!
↓↓↓

【下北半島への旅③】・・・1999年10月

1999年10月に下北半島を旅しました。そのときの回想です。

長いので、数回に分けて掲載します。
今日はその③

ホテルへのチェックインは5時から6時の間と言ってあるので、駅前を散策する
ことにした。青森ベイエリアは駅周辺にポイントが集まっている。まずは青函
連絡船「八甲田丸」のほうへ行ってみる。

すると「津軽海峡冬景色」の歌詞の石碑が立っており、その脇のスピーカー
から曲が流れている。この場所に来ると聴きたくなる曲である。

北海道の富良野に行くと「北の国から」のテーマソングを聴きたくなるのと
同じ現象である。

この八甲田丸付近は広場になっており、橋を通じて青い海公園となっている。
なかなか雰囲気の良い場所で、きっと夜はカップルが多くなるだろう。
ここの街灯はなかなか洒落ていて絵になる。

写真をとったり散策しているうちに辺りはは真っ暗。ホテルへと急ぐ。

ホテル名は「第一ホテル」しかし、ガイドブックの場所には「プラザホテル」が
ある。おかしい。いくら探して見ても見つからないので、ホテルに電話を入れる。
そうすると、ホテル名が最近「プラザホテル」に変わったとのこと。やられた。

チェックインを済ませ、部屋へ。改装したばかりだからか、部屋の中が新しくて
きれい。料金は朝食付きで¥5500。これは安い。駅から10分程度歩かねば
ならないが、それ以外は合格点。とても満足。

荷物を置いて晩飯を食べに外へ出る。駅の近くに「ほたてがうまい店」と看板
を掲げてあるので、そこで晩飯をすませた。コンビニを探しがてらホテルへ
戻ろうと店を出たが、、、無い!

駅前のメインストリートであろう通りにぜんぜん見つからないのである。
結局駅前まで戻り、1軒だけあったコンビニにてビールとつまみを買う。

ようやくホテルに戻り落ち着く。しかしながら青森にいる気がぜんぜんしない
のである。カーテンを開け、青森を実感できるものはないかと外を見るが、
だめである。

実は青森へはこれで2度目である。1度目は車で延々走ってきた。そのときは
本当に遠いところで、やっと着いたと感じたものだった。しかし、今回は新幹線
で一気に来たためか、実感がわかない。

テレビをおもむろにつける。天気予報をやっていた。全国の天気予報から
各地の天気予報に切り替わった瞬間、「青森にいる」ことを実感した。
画面にはいつもとは異なる地形が映し出され、ちょっとした違和感がある。

各地の天気予報。これをみると、その土地に来たこと、いることを実感できる。

そして、この違和感が「いつもとは違う」ことを少し感じさせてくれる。
そのままビールを飲みながらテレビを見ることにした。


<今日はここまで。つづきは明日です>

FC2ブログランキング参加中
ぽちっと一押しお願いします!
↓↓↓

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。