スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング参加中
ぽちっと一押しお願いします!
↓↓↓

「何を」ではなく「誰と」が大切

近頃、ぼんやりと感じることが小林正観さんの本の中に
ありました。
以下、抜粋すると

”「そろそろ人生の折り返し点(人の寿命はそれそれですが、
だいたい四十歳前後)を過ぎたな」と自分で思える人は、旅
をするのに「どこへ行くか」ではなく、「誰と行くか」に切り替え
たほうがいいと思います。

「何を食べるか」ではなくて、「誰と食べるか」ということに切り
替えたほうがいい。「何を飲むか」ではなく、「誰と飲むか」に
切り替えたほうがいい。

「何をしゃべるか」ではなく、「誰としゃべるか」ということが、
実は幸せの本質なのです。”

なるほどと思えました。

例えば健康のためにジョギングを始めたとする。手軽なので一
人で始められる。そのうち「何キロ走る、何分で走る」など自分
なりの目標をたて、その目標に向かって走り始める。

目標が達成できると、満足感を味わえる。健康を維持でき、走る
のも早くなるでしょう。でも一人よりも同じことをする仲間がいると
何倍も楽しい。

走るのが早くならなくても楽しい。目標を達成するより誰かと何か
をするほうが楽しい。

そんなふうに感じていたところに、この文章に出会いました。


『「き・く・あ」の実践』(小林正観 サンマーク出版)



FC2ブログランキング参加中
ぽちっと一押しお願いします!
↓↓↓

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。